当社の扱っている電気柵は、獣害防除(野生動物の食害などから農地を守る)、放牧(馬、牛、などを外で飼う)を目的とし、

日本はもちろん世界各国で使用されているものです。

 

電気柵は、AC100V(家庭用電源100V)やDC9-12V(バッテリー、乾電池)を電源とする電牧器(当社ではパワーユニットと呼称)が

発生させるパルス電流を電牧線に流し、これに触れた動物にショックを与えて、田畑などへの侵入を防ぐものです。

電牧線に流れる電圧は10000Vに達しますが、法律で定められた電気柵を使用する限り、危険なものではありません。

 

なお、使用する電源によって設置方法が異なります。

下図を参考に正しく設置、使用を行ってください。

 

                             図1 ACアダプターを電源とするもの

守っていただきたいことは、

 

 

                          図2 電灯線(家庭用100V)を電源とするもの

 

守っていただきたいことは、

 

バッテリー、乾電池、ソーラーパネルなどを電源とするものは、上記③のきけん表示板の設置を厳守してください。

 

なお、下図のような設置方法は重大な事故に繋がり、法律で禁止されております!

絶対に行わないで下さい!

                                  図3 危険な接続方法

 

ご不明な点は、当社までお問い合わせ下さい。

TOPページへ会社概要販売者情報・特定商取引法に基く表示お申し込み

《有限会社アグ・キー》
《〒086-0214 北海道野付郡別海町別海緑町66番地》
《Tell:0153-79-5566/Fax:0153-79-5577》
《e-mail:info*agrarian-key.com 》